当社では Web サイトにcookieを使用しています。cookieは、ウェブサイトの機能および利用の向上、および分析と広告を目的として使用します。
cookieとその使用方法についての詳細は、プライバシーポリシーでご確認ください。設定を変更しないで本サイトを引き続き使用する場合、cookieの使用に同意したことになります。

  1. トップ
  2. 雑誌(単冊購入)
  3. 音楽の友 2021年6月号
商品詳細画像

音楽の友 2021年6月号

クラシック・ファンのための総合音楽誌
出版社名
音楽之友社
刊行形態
月刊誌
出版年月
2021年5月
商品コード
0900000004910021290617
雑誌JANコード
4910021290617
雑誌判型
Aヘン
分類
雑誌/音楽芸能/音楽
出荷の目安
通常1〜2日で出荷します

価格¥924

ただいまお取り扱いがございません。

特集情報

没後125周年記念ブルックナー・リブート全交響曲“再”完全解説[保存版]|別添:コンサート・ガイド&チケット・インフォメーション

出版社情報

【特集】
●没後125周年記念
  ブルックナー・リブート
   全交響曲「再」完全解説[保存版]

 ―没後125周年、1980年代以降マーラーと並ぶ交響曲作家として
  人気を誇るブルッー。演奏史に沿ってあらゆるアプローチが
  登場した現在の視点から、その創作活動の核である交響曲を中心に、
  ブルックナーを得意とするマエストロたちのお話とともに、
  改めてその魅力、深奥に迫ります。最新のブルックナー像、
  いざ再起動(リブート)!


【Interview】
◆飯守泰次郎(指揮)ドイツ音楽への想い
◆ダニエル・バレンボイムがピアニストとして16年ぶりの来日
  〜ライフワークのベートーヴェン「ピアノ・ソナタ」を語る
◆パーヴォ・ヤルヴィが語るコンセルトヘボウ管、N響、
  チューリヒ・トーンハレ管
◆澤クヮルテット ―デビュー30年の歩みを振り返る
◆Hakuju Hall ギター・フェスタ2021に出演する
  4人のギタリストたち
   ―荘村清志、福田進一、鈴木大介、大萩康司
◆音響設計家・豊田泰久 ―『響きをみがく』を語る


【Report】
◆東京・春・音楽祭でリッカルド・ムーティが会見
  &ヴェルディ《マクベス》を解説
◆新国立劇場《夜鳴きうぐいす》と
  《イオランタ》のダブルビル(新制作)
◆小林研一郎の80歳を祝う
  「チャイコフスキー・ツィクルス」が開幕
◆祝20周年!子供のための本格クラシックコンサート
◆日本オペラ振興会設立40周年に藤原歌劇団と日本オペラ協会が
  同時公演を開催


【対談】
◆江口 玲 &高木 裕
  ―ラフマニノフやホロヴィッツが愛した
   伝説のスタインウェイ・ピアノを語る
◆出田りあ×村治佳織
  ―マリンバとギターが溶け合う音色
◆川口成彦×柴田俊幸
  ―今秋初来日のコンソーネ・クァルテットと共演


【新連載】
◆ショパンの窓から(1)


…ほか

  • ※商品代の他に送料がかかります。
    送料は商品代・送付先によって変わります。詳しくは書籍の料金についてのご案内をご確認ください。
  • ※現時点でお取り扱いがない場合でも、今後購入可能となる場合がございます。
  • ※送付先を追加・変更される場合はご購入前にマイページよりご登録をお願いいたします。
  • ※商品は予告なく取り扱い中止となる場合がございます。
  • ※ご注文商品が在庫切れなどの際はキャンセルのご連絡をさせていただく場合がございます。
common-popup-caution

common-popup-caution