当社では Web サイトにcookieを使用しています。cookieは、ウェブサイトの機能および利用の向上、および分析と広告を目的として使用します。
cookieとその使用方法についての詳細は、プライバシーポリシーでご確認ください。設定を変更しないで本サイトを引き続き使用する場合、cookieの使用に同意したことになります。

  1. トップ
  2. 書籍
  3. 外来植物が変えた江戸時代 里湖・里海の資源と都市消費
商品詳細画像

外来植物が変えた江戸時代 里湖・里海の資源と都市消費

歴史文化ライブラリー 529
佐野静代/著
著作者
佐野静代/著
メーカー名/出版社名
吉川弘文館
出版年月
2021年8月
ISBNコード
978-4-642-05929-9
(4-642-05929-6)
頁数・縦
228P 19cm
分類
人文/日本史 /日本史一般
出荷の目安
通常1〜2日で出荷します

価格¥1,700

出版社の商品紹介

出版社からのコメント

人間活動を含んだ水辺の生態系を里(さと)湖(うみ)・里(さと)海(うみ)と呼ぶ。そこで採られた水産肥料の主な対象は、木綿やサトウキビなど近世の外来植物だった。伝統的生業により形成された「在来型の自然」として語られてきた水辺に、人びとはいかにかかわり、生態系はどう変化したのか。山地の環境変化や都市の消費需要も視野に、「人の手の加わった自然」の実像に迫る。

  • ※商品代の他に送料がかかります。
    送料は商品代・送付先によって変わります。詳しくは書籍の料金についてのご案内をご確認ください。
  • ※現時点でお取り扱いがない場合でも、今後購入可能となる場合がございます。
  • ※送付先を追加・変更される場合はご購入前にマイページよりご登録をお願いいたします。
  • ※商品は予告なく取り扱い中止となる場合がございます。
  • ※ご注文商品が在庫切れなどの際はキャンセルのご連絡をさせていただく場合がございます。
common-popup-caution

common-popup-caution