当社では Web サイトにcookieを使用しています。cookieは、ウェブサイトの機能および利用の向上、および分析と広告を目的として使用します。
cookieとその使用方法についての詳細は、プライバシーポリシーでご確認ください。設定を変更しないで本サイトを引き続き使用する場合、cookieの使用に同意したことになります。

  1. トップ
  2. 書籍
  3. 傘のさし方がわからない
商品詳細画像

傘のさし方がわからない

岸田奈美/著
著作者
岸田奈美/著
メーカー名/出版社名
小学館
出版年月
2021年10月
ISBNコード
978-4-09-388834-9
(4-09-388834-5)
頁数・縦
237P 18cm
分類
文芸/エッセイ /エッセイ 女性作家
出荷の目安
通常1〜2日で出荷します

価格¥1,300

出版社の商品紹介

出版社からのコメント

笑えて、ときに泣けてしまう爆走エッセイ!  この本を読んで後悔する人はいない。むしろ感謝に満ちると思う。岸田家にも自分にも、明日があることに。――矢野顕子さん激賞!異例の大反響!『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』から1年、ゲラゲラ笑えて、ときにしんみり、なんだか救われてしまう爆走エッセイ第2弾の登場です。◎車いすユーザーの母のために、「全財産を使って外車を買った」。(えらいことになる話より)◎「24歳の弟は字が書けない(はずだった、怪文書を読むまでは)」のに、岸田奈美さんの初単行本『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』のノンブル(ページ数)を書くまで。(おすそわけをもらう話より)◎隣家がリビングで焼きいもをして火事になった「東京は火の用心、恋用心」(東京でひとり暮らす話)◎iDeCoの書類を書きながら、生きる希望について考えた「30年後、きみがいない世界で」(これからのわたしに宛てる話より)…など。  【編集担当からのおすすめ情報】  岸田奈美さんがこの1年間でブログサービス「note」に書き綴ったエッセイから、もっと多くの方に届けたいエッセイを厳選して掲載したのが本書です。ノンブル(ページ数)は前著『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』と同様に、弟の良太さんが丁寧に丁寧に書いています。岸田さんの文章は、思わず吹き出して笑ってしまったり、涙が蛇口のごとくあふれたり、ジェットコースター並みに、感情が揺れ動きます。そして、私は、読み終えたときに、見えていた景色が変わりました。なにかに悩んでいるとき、苦しいとき、モヤモヤするとき、きっと力になってくれる一冊だと思います!

  • ※商品代の他に送料がかかります。
    送料は商品代・送付先によって変わります。詳しくは書籍の料金についてのご案内をご確認ください。
  • ※現時点でお取り扱いがない場合でも、今後購入可能となる場合がございます。
  • ※送付先を追加・変更される場合はご購入前にマイページよりご登録をお願いいたします。
  • ※商品は予告なく取り扱い中止となる場合がございます。
  • ※ご注文商品が在庫切れなどの際はキャンセルのご連絡をさせていただく場合がございます。
common-popup-caution

common-popup-caution