カテゴリ
  1. トップ
  2. 書籍
  3. 国鉄史
商品詳細画像

国鉄史

講談社選書メチエ 792
鈴木勇一郎/著
著作者
鈴木勇一郎/著
メーカー名/出版社名
講談社
出版年月
2023年12月
ISBNコード
978-4-06-534196-4
(4-06-534196-5)
頁数・縦
272P 19cm
分類
新書・選書/選書・双書 /講談社メチエ

価格¥1,850

ただいまお取り扱いがございません。

出版社の商品紹介

出版社からのコメント

【”この国のかたち”を鉄路で描いた者たちの、栄光と蹉跌の全史】かつて日本には、国家の所有する鉄道があった。その組織は平時においては陸軍をしのぐ規模を誇り、列島津々浦々の地域を結びつける路線を構想することは、社会のグランドデザインを描くことそのものであった。歴代の国鉄トップは、政治家や官僚たちは、そして現場の人々は、この巨大交通システムに何を託し、いかに奮闘したのか。近代化に邁進する明治政府が新橋・横浜間を開設してから昭和末期に日本国有鉄道が分割民営化されるまで、「鉄道と国家」の歴史を一望する壮大なパノラマ!【本書より】日本の鉄道の歴史は大きく四つの時代に分けることができます。まず、明治時代の私鉄が主役だった時代、次に、日露戦争後に多くの私鉄を買収した政府が直営した時代、さらに、第二次世界大戦後、国鉄が公社化されて日本国有鉄道となった時代、そして現在のJRの時代です。(中略)本書ではこれから、日本の鉄道の歴史を、鉄道がいかにあるべきかというグランドデザイン、その実現のための経営体制、そしてそれを動かしてきた人物ということに焦点を当てて描き出していきます。それにあたって、この四つの時代区分という捉え方は、たいへん見通しをよくしてくれるので、これに従って議論を進めていきたいと思います。【本書の内容】プロローグ 「鉄道一五〇年」と国鉄[第一部 「国鉄」形成の道程]第一章 私鉄の時代(一八七二−一九〇六)1官設鉄道の誕生 2「鉄道の父」井上勝 3鉄道敷設法と私鉄の繁栄 第二章 国家直営の時代(一九〇六−一九四九)1鉄道国有法の制定2「国鉄」の誕生3初代総裁後藤新平の組織作り4原敬と改正鉄道敷設法5国鉄ネットワークの充実6戦時下の苦闘とその遺産[第二部 日本国有鉄道の興亡−公社の時代(一九四九−一九八七)]第三章 「復興」の中で(−一九五五)1占領期の混沌2「公共企業体」の桎梏と総裁たち3組織と人々第四章 「近代化」への邁進(−一九六五)1新しい時代の鉄道像2「改主建従」の夢第五章 光と影の昭和四〇年代(−一九七五)1都市交通と国鉄の使命2効率化がもたらすもの3「政治主導」の時代4国会とストライキと債務と第六章 再建の試みと崩壊(−一九八七)1「後のない計画」2分割民営化への道エピローグ JR以後(一九八七−)

  • ※商品代の他に送料がかかります。
    送料は商品代・送付先によって変わります。詳しくは書籍の料金についてのご案内をご確認ください。
  • ※現時点でお取り扱いがない場合でも、今後購入可能となる場合がございます。
  • ※送付先を追加・変更される場合はご購入前にマイページよりご登録をお願いいたします。
  • ※商品は予告なく取り扱い中止となる場合がございます。
  • ※ご注文商品が在庫切れなどの際はキャンセルのご連絡をさせていただく場合がございます。
common-popup-caution

common-popup-caution